実績紹介(耐震改修)

私は愛知県の木造耐震診断員として、豊田市の補助事業による無料耐震診断を年間2~4棟させていただいています。昭和56年5月31日以前に建てられた在来軸組工法の建物が対象です。昨今の地震による被害は甚大なものとなっており、少しでも耐震性の向上に関心を持って頂き、多くの人が耐震補強工事の検討をして頂くことを願っております。ご縁があって当社にて設計・施工させて頂きました耐震改修工事の実績をご紹介いたします。
 豊田市 木造2階建て
【 プランニングのポイント 】
外壁面に耐力壁を配置することでコストを抑えることができます。既存のスジカイを金物で補強し構造用合板を上から張ります。2階の外壁は内側から補強することでコストが抑えられます。内装のリフォームを考えられていたので、屋内でも補強壁を設け、安全性を重視して外壁面すべて基礎の補強をさせて頂きました。
改修前
before
改修後
after
リフォームをお考えのお客様、特に外装のリフォームを検討されているお客様は耐震補強のチャンスです。壁材をめくりますのでペンキの塗り替えのようにはいきませんが、納得のいくコストパフォーマンスで安心安全な住まいをご提供致します。余裕を持った資金計画でエクステリアやリフォームの幅を広げてはいかがでしょうか。
 
補強工事の実際の施工ポイントを写真でご紹介させて頂きます。
基礎補強
基礎補強工事
建物を支える基礎は非常に大切なものです。特に昭和56年以前の建物は無筋コンクリートの基礎などが多いので、補強をおすすめ致します。
外壁補強
外壁面補強工事
以前の建物は浴室やトイレの壁に、よくブロックを積んでいました。耐力壁にならない上、場所も重要なので耐震性を考えると補強したい部分です。外側にもう一枚壁を造り構造体に密着させ耐力壁としました。
外壁補強
外壁面補強工事
外装材の取り換えで、かなりの耐震性が確保されます。コスト的にも抑えられ、外壁量が多いほどそれは向上します。
補強金物
補強金物
耐震改修工事で補強金物は非常に重要になります。柱やスジカイ、梁など構造体の必要な場所に、適切に使用していきます。
洋間の壁改修
洋間の内壁補強工事
室内では、天井や床を壊さなくても補強できる方法があります。特に2階は、1階に比べ耐震性が大きい場合が多く、補強箇所も少なくて済みます。
和室の壁改修
和室の内壁補強工事
洋間の壁補強と同じく、床や天井を壊さないで補強します。特に和室の天井は全面補修になるので、コスト面で有利です。
押入れの壁補強
押入れの中で補強します。
押入れの中は改修後に目立ちにくいので、お勧めです。

タナカ住建(有)
タナカ住建一級建築士事務所

愛知県豊田市汐見町5丁目27-2
TEL.0565-35-6145
FAX.0565-35-6145


1.住宅の新築、リフォーム

2.一般建築、設計 施工
3.造成工事・外溝工事

■一般建築業許可
愛知県知事許可(般−27)
第58285号
■一級建築士事務所登録
愛知県知事登録(い)第8203号